TFS

より迅速で、よりスマートな継続的インテグレーション (CI) / デリバリー (CD)

Microsoft の Team Foundation Server (TFS) や Visual Studio Team Services (VSTS) はソフトウェアのビルドプロセスを自動化・効率化するのに役立ちますが、大規模なプロジェクトでは必要なフィードバックを取得するのに時間がかかりすぎることがあります。

アジャイルの世界では長時間のビルドサイクルに甘んじるという選択肢はありません。より速くビルドすることでより頻繁なビルド、チェックインごとのビルド、ゲート チェックインへの移行が可能になります。

TFS / VSTS のプロセス自動化機能と IncrediBuild 独自のプロセス仮想化機能を組み合わせることで、ビルド エージェントがネットワーク上のマシンすべてのアイドル コアを利用できるようになり、処理のスピードアップを助けます。

何百ものコアを使用して処理することで TFS ワークフローを大幅にスピードアップしてコンパイル時間、ユニットテスト、コード解析、回帰テストなど時間のかかる処理を大幅に高速化します。

IncrediBuild の高速化機能や「最初のエラーで処理を停止」するといった生産性を高める機能を使用することで、ビルド時間が短縮してより頻繁なビルドの反復が可能になります。素早くフィードバックを取得して生産性や迅速なリリースを後押ししましょう。

IncrediBuild でビルドを可視化することでバリデーション エラー、ハードウェアやメモリの障害、設定の問題などに関係なくビルドが失敗した根本原因を素早く特定できます。これはビルド管理者にとって不可欠です。

Traditional Continuous Delivery

0min

running a single unit

2:30

Compilation

2:30

Testing

2:10

Data Conversion

2:50

Code Analysis

Traditional Continuous Delivery

0min

running a single unit

Continuous Delivery with IncrediBuild

0%

reduction in time

0:30

0:30

0:10

0:50

Continuous Delivery with IncrediBuild

0%

reduction in time

しくみ

IncrediBuild がない場合、TFS/VSTS のワークフローは基本的にローカル環境でのみ実行されるため、処理時間はビルド エージェントの処理能力によって決まります。ビルドのワークフローに IncrediBuild を導入すると、ローカル ネットワーク内にある他のコアを透過的に利用できるので処理能力が格段に上がります。

IncrediBuild と TFS/VSTS は IncrediBuild Enterprise Edition ユーザー向けのプラグインを使うか、IncrediBuild Pro ユーザー向けのコマンドラインでコマンドを入力して簡単に統合できます。TFS/VSTS と IncrediBuild の統合の詳細についてはこちらをご覧ください。

CI 環境を大幅にスピードアップ

IncrediBuild を無料でダウンロード