日本一ソフトウェアは IncrediBuild を使って Nintendo Switch 移植版を予定通りリリース

全世界で 300 万本を超える出荷本数を誇る 日本一ソフトウェアの人気タイトル『魔界戦記ディスガイア』シリーズの Play Station から Nintendo Switch への移植を IncrediBuild がサポートしました。日本一ソフトウェアのプログラマー、長安雄作氏に IncrediBuild がスタジオでどのように使用され、リリースに役立ったかを聞きました。

 

チャレンジ

Nintendo Switch™ 向けの開発と PlayStation® 向けの開発を比較すると、画面解像度やメモリ等のハードウェア仕様の差異はありますが、特に問題となったのがビルド時間でした。Nintendo Switch™ への移植にあたり、開発実機の不足により、Windows上でエミュレートして開発する必要がありました。主要なスタッフには 高性能な PC を購入したものの、それでも 1 回のフルビルドに 22 分強かかる状況でした。

シリーズを重ねるにつれ、ソースコードの依存関係も複雑化しており、これを解消することで短縮も期待できますが、多大なコストと時間がかかるため、移植タイトルであることやローンチに向けての短い開発期間の中では現実的ではありませんでした。

 

ソリューション

FreeDev バージョンをダウンロードし、まず 1 台の PC でテストしたところ、ビルド時間が 7 分 20 秒程度になりました。 これは従来の 1/3 程度です。FreeDev バージョンで利用できる最大数の 5 台構成でテストしたところ 4 分 50 秒とさらに短縮しました。

IncrediBuild の導入によりビルド時間の大きな削減が見込めると考え、『ディスガイア 5』移植プロジェクトではプログラム作業にあたる 6 名分のライセンスを購入しました。

これにより、ローンチの発売に向けて順調に開発を進めることができました。

当社で開発している他のタイトルの事例をご紹介します。プロジェクト A は『ディスガイア 5』と同じ、Nintendo Switch™ となります。分散なしで 5 分 50 秒かかっていたものが、分散ありでは 1 分 15 秒となりました。

プロジェクト B は Windows 向けに開発したものです。分散なしで 3 分 40 秒、分散ありで 1 分 35 秒になりました。

いずれも、IncrediBuild を使うことでビルド時間の削減に成功しており、特に Nintendo Switch™ のビルドで効果が出やすい結果となりました。

当社では Nintendo Switch™、PlayStation® プラットフォーム以外での展開も進める予定です。大きなプロジェクトであるほど IncrediBuild の効果が大きいため、今後はさらに有効活用していくことになると思います。また、継続的インテグレーション システムの構築も始めています。複数プラットフォームで安定して利用できる Incredibuild にはさらなる可能性を期待しています。

 

結果